将棋のある今日を、これからも。100th ANNIVERSARY 公益社団法人 日本将棋連盟

全ての歩みに、ありがとう。 将棋を楽しみたい。将棋を深めたい。将棋をのこしたい。私たち日本将棋連盟を導いてくれたのは、時代を超えて受け継がれてきた、一人ひとりの想いでした。そして2024年、日本将棋連盟は、創立百年を迎えます。これまで、将棋を愛してくれたあなたのために。いつか、将棋を好きになるかもしれないあなたのために。もっと広げていきます。もっとみつけていきます。単純じゃなくて、正解がなくて、底が知れない将棋の魅力を。将棋のある今日を、これからも。

最新情報

100周年によせて

会長より皆さまへ

日本将棋連盟会長の佐藤康光でございます。日頃より将棋文化発展のためご理解ご協力を賜りまして、誠にありがとうございます。

さて、日本将棋連盟は、来たる2024年9月8日に創立100年を迎えます。これもひとえに将棋を愛好してくださる皆様方のご支援のおかげと心より感謝申し上げます。

弊社団では、タイトル戦などを通じて技術の向上を図り、白熱の真剣勝負に彩られながら、一世紀にわたる歴史を積み重ねてまいりました。棋士が全身全霊の棋力と人間力をもって挑む盤上の戦い──。81マスの盤上に40枚の駒が躍動する将棋のダイナミズムは、現代においてもまったく色褪せることなく、今もなお無限の可能性を示してくれています。それは将棋に携わる者にとって無上の喜びであり、日々驚きの連続です。

また愛好家の皆様には、将棋に親しみ、その普及発展に寄与していただき、ありがたく存じます。将棋を指すだけでなく、対局をご覧になったり、棋士に関心をお持ちいただいたり、将棋の楽しみ方はさまざまです。そのように将棋をコミュニケーションツールとして楽しんでいただくことが、皆様の日々の活力の一助となれば喜ばしい限りです。

皆様とともに創立100周年という大きな節目を迎えるにあたり、この特設サイトを開設いたしました。本サイトでは、動画掲出、記念グッズ販売など、多彩なコンテンツをご用意しております。この機会に将棋の魅力を存分にご堪能いただければ幸いです。ご厚誼を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

日本将棋連盟会長
佐藤康光

みんなでつくる100周年

「創立100周年記念ロゴイラスト」と「創立100周年記念SHOちゃん」の募集をいたします。

年表でふりかえる100年

#将棋を次の100年へ

東西将棋会館移転プロジェクト

2024年。
創立100周年の節目を迎える日本将棋連盟は、
東京と大阪に、新たな将棋会館を建設します。
今の会館がつくられたのは、東京の将棋会館が1976年、
大阪の関西将棋会館が1981年。
どちらも約半世紀が経っており、老朽化だけでなく、ネット配信設備の整備や
バリアフリー化、セキュリティ対策などの課題を抱えていました。
会館を建設された塚田正夫会長や、大山康晴将棋会館建設委員長(その後会長)ら
先達の意志を引き継ぎながら、今の将棋文化を次の100年につなげていく。
そのための移転プロジェクトです。
東京の将棋会館は現在と同じ渋谷区千駄ヶ谷の地でヒューリック社所有の
千駄ヶ谷センタービルに、関西将棋会館は大阪市福島区から高槻市の高槻駅前に
建設予定です。
新たな歴史を刻む総本山として、日本の文化を発信する拠点として、
将棋界の発展により一層尽力していきます。

つきましては、誠に恐縮ですが、この移転プロジェクトに対して、
皆様からのご厚意を募らせていただけませんか。
何卒この趣旨にご賛同いただき、ご支援ご協力を賜りますよう
心よりお願い申し上げます。

※東西将棋会館建設クラウドファンディング第一期は、2021/12/24までです。第二期は2022/4/1から始まります。
※関西将棋会館建設のための「高槻市・ふるさと納税」は、2021/12/31までです。2022年分の開始日は未定です。