将棋のある今日を、これからも。100th ANNIVERSARY 公益社団法人 日本将棋連盟

全ての歩みに、ありがとう。 将棋を楽しみたい。将棋を深めたい。将棋をのこしたい。私たち日本将棋連盟を導いてくれたのは、時代を超えて受け継がれてきた、一人ひとりの想いでした。そして2024年、日本将棋連盟は、創立百年を迎えます。これまで、将棋を愛してくれたあなたのために。いつか、将棋を好きになるかもしれないあなたのために。もっと広げていきます。もっとみつけていきます。単純じゃなくて、正解がなくて、底が知れない将棋の魅力を。将棋のある今日を、これからも。

最新情報

100周年によせて

会長より皆さまへ

日本将棋連盟会長の佐藤康光でございます。日頃より将棋文化発展のためご理解ご協力を賜りまして、誠にありがとうございます。

さて、日本将棋連盟は、来たる2024年9月8日に創立100年を迎えます。これもひとえに将棋を愛好してくださる皆様方のご支援のおかげと心より感謝申し上げます。

弊社団では、タイトル戦などを通じて技術の向上を図り、白熱の真剣勝負に彩られながら、一世紀にわたる歴史を積み重ねてまいりました。棋士が全身全霊の棋力と人間力をもって挑む盤上の戦い──。81マスの盤上に40枚の駒が躍動する将棋のダイナミズムは、現代においてもまったく色褪せることなく、今もなお無限の可能性を示してくれています。それは将棋に携わる者にとって無上の喜びであり、日々驚きの連続です。

また愛好家の皆様には、将棋に親しみ、その普及発展に寄与していただき、ありがたく存じます。将棋を指すだけでなく、対局をご覧になったり、棋士に関心をお持ちいただいたり、将棋の楽しみ方はさまざまです。そのように将棋をコミュニケーションツールとして楽しんでいただくことが、皆様の日々の活力の一助となれば喜ばしい限りです。

皆様とともに創立100周年という大きな節目を迎えるにあたり、この特設サイトを開設いたしました。本サイトでは、動画掲出、記念グッズ販売など、多彩なコンテンツをご用意しております。この機会に将棋の魅力を存分にご堪能いただければ幸いです。ご厚誼を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

日本将棋連盟会長
佐藤康光

棋士がふりかえる #100年の名対局 棋士がふりかえる #100年の名対局

この100年の名対局を、棋士の視点からふり返ります。まずは、トップページを飾った5局の名対局から。
青野 九段 がふりかえる名対局

木村義雄-塚田正夫

青野 照市
九段
木村義雄14世名人と、塚田正夫名誉十段に直接会った棋士は、私より少し後輩が最後で、今ではほんのわずかと思う。 それでも塚田は1977年(63歳)まで現役を続けたから、私は1局指している。 この写真は木村が名人を取り返した、1949年の皇居「済寧館」の対局と思われるが、角換わり腰掛銀から金を4七に上がり、最後4八金と引く手が決め手になったことはよく覚えている。 木村はこの塚田と、升田幸三第四代実力制名人は、負かす相手。大山康晴15世名人は後継者と位置付けていた節がある。 木村は将棋界の格を上げてくれた棋士で、相撲の升席を借り切って観戦するパフォーマンスを見せた。塚田は他人との関係において我関せずで、何人かで料理屋に行った時も、飲むだけ飲んだら「これ僕の分」と言い、お金を置いて先に帰る人だった。 勝負師は借りも貸しも作らない、と言う主義のようで、一本筋が通っている感じがした。
羽生 九段 がふりかえる名対局

大山康晴-升田幸三

羽生 善治
九段
将棋界の歴史を語る上で欠かす事が出来ない組み合わせが大山―升田戦だ。公式戦だけでも167局の対戦があり数多くの名勝負を演じてきた。大山先生には非公式戦も含め10局以上は対戦がありその受けの強さと盤の前に座った時の迫力を感じた。升田先生は残念ながら棋譜だけだが「新手一生」の精神で独創的な将棋を指されていた。正に最強の盾と矛の対戦でその内容の充実ぶりは今の時代でも色褪せないと思っている。
桐山 九段 がふりかえる名対局

中原誠-米長邦雄

桐山 清澄
九段
中原十六世名人-米長永世棋聖の両者は昭和から平成にかけて幾多のタイトルを争った二人です。 当時は矢倉の全盛期で、両者の矢倉での戦いで数々の名勝負が生まれました。また、中原さんの名人戦での5七銀や、米長さんの「米長玉」は多くの注目を集めました。 私が両者との対戦で感じた中原さんの悠揚迫らぬ対局姿勢、米長さんのイメージ通りの爽やかな対局姿勢が強く印象に残っています。
森内 九段 がふりかえる名対局

谷川浩司-羽生善治

森内 俊之
九段
谷川浩司九段と羽生善治九段の対局数は歴代2位の168局、数々の名勝負を繰り広げてきた。四段昇段後に急速に実力を伸ばした羽生九段が、第一人者の谷川九段に挑んでいくという図式は実に迫力があったが、中でも鮮烈だったのは、羽生六冠(当時)が七冠達成を懸けて1995年から2年連続で谷川王将(当時)に挑んだ、「王将戦七番勝負谷川王将vs羽生六冠戦」である。谷川王将が防衛した1995年は、第1局の数日後に阪神・淡路大震災が起こって神戸出身の谷川王将が被災、3勝3敗のフルセットで迎えた最終局も千日手指し直しとなるなど、激闘のシリーズだった。そして翌年は、自身のもつタイトル全てを防衛した羽生六冠が再び挑戦者となり王将位を奪取、前人未到の七冠制覇が達成され、将棋界の歴史に残るシリーズとなった。プロ棋士が将棋にアプローチする方法は大きく変わった今でも、谷川九段と羽生九段の名勝負は光り輝いている。
谷川 九段 がふりかえる名対局

渡辺明-藤井聡太

谷川 浩司
九段
写真は2021年6月18日、ヒューリック杯棋聖戦第2局、昼食休憩明け。藤井聡太五冠が初めて、タイトル保持者として戦ったシリーズである。171手に及ぶ大熱戦を制した藤井棋聖が、第3局も勝って初防衛。その後のタイトル戦も勝ち続け、今年2月には五冠となる。 渡辺明名人にとっては、この第2局が今期の対藤井戦の大きな分岐点となった。用意周到に作戦を練り、自玉が堅く、残り時間でもリード、という条件を作りながら勝ち切れなかった。この流れを変えられず、棋聖戦に続き王将戦のほうもストレート負けを喫する。 渡辺37歳。藤井19歳。タイトル戦を重ねる毎に藤井五冠は強くなるが、戦うことを諦める年齢差ではない。藤井五冠にタイトル戦で勝つのは自分だ、との思いはあるだろう。二人の次のタイトル戦はいつか。その時渡辺名人は、これまで通り最新形で臨むのか、新たな作戦をぶつけるのか。

みんなでつくる100周年

「創立100周年記念ロゴイラスト」を募集しています。
「創立100周年記念SHOちゃん」の応募は終了しました。

年表でふりかえる100年

#将棋を次の100年へ

東西将棋会館移転プロジェクト

2024年。
創立100周年の節目を迎える日本将棋連盟は、
東京と大阪に、新たな将棋会館を建設します。
今の会館がつくられたのは、東京の将棋会館が1976年、
大阪の関西将棋会館が1981年。
どちらも約半世紀が経っており、老朽化だけでなく、ネット配信設備の整備や
バリアフリー化、セキュリティ対策などの課題を抱えていました。
会館を建設された塚田正夫会長や、大山康晴将棋会館建設委員長(その後会長)ら
先達の意志を引き継ぎながら、今の将棋文化を次の100年につなげていく。
そのための移転プロジェクトです。
東京の将棋会館は現在と同じ渋谷区千駄ヶ谷の地でヒューリック社所有の
千駄ヶ谷センタービルに、関西将棋会館は大阪市福島区から高槻市の高槻駅前に
建設予定です。
新たな歴史を刻む総本山として、日本の文化を発信する拠点として、
将棋界の発展により一層尽力していきます。

つきましては、誠に恐縮ですが、この移転プロジェクトに対して、
皆様からのご厚意を募らせていただけませんか。
何卒この趣旨にご賛同いただき、ご支援ご協力を賜りますよう
心よりお願い申し上げます。

※東西将棋会館建設クラウドファンディング第二期は、2022/4/1から2022/6/26までです。
※関西将棋会館建設のための「高槻市・ふるさと納税」は、2022/4/8から開始予定です。